TEL 048-873-6874さいたま市緑区東浦和5-10-2 センターシティ東浦和2F

歯を失ったときの治療~インプラント治療について

インプラント インプラント治療とは自分の歯を失ってしまった所の骨に人工的な歯根(生体に親和するチタン製)を埋めることにより、本来の機能を回復させる治療法です。

部分入れ歯やブリッジにすると、健康な隣接歯を削り固定する必要がありますが、インプラントは歯を失った部分に人工歯根を埋入し人工歯を取り付けるため、健康な歯に負担をかけることもなく、見た目も自然で自分の歯と同じような感覚が戻ります。

なお、インプラント治療で使用する材料や素材は、国内の医療法に基づき、承認医薬品や承認された材料や素材を使用しています。


インプラント手術

完全個室の手術室 インプラント手術は、完全個室の手術室で安全に行っています。当院では簡単なインプラント治療だけでなく、骨の厚みの少ない方への増骨手術なども行っております。
手術時間は、単独歯であれば10分程度で終わる場合もあります。



インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

【診査・診断・治療計画】
患者さんのレントゲン撮影・CT撮影・模型製作などから、インプラント手術の適合性や上体を診査します。
CT画像はシムプラントにより画像処理し、骨幅・神経・血管までの距離・骨密度・などを診査し、治療計画を立てていきます。

【インプラント手術・消毒・骨との結合】
手術の翌日に消毒を行い1週間程度で抜糸します。その後2~6ヶ月間で骨との結合を待ちます。

【人工歯の取付】
インプラント手術 インプラントの埋入手術後、数ヵ月ほど時間をとり、インプラントと骨を完全に結合するのを待ってから、仮歯を作り噛み合せを確認。確実に噛めるようになってから、最終的なセラミックの歯をお作りします。セラミックの本歯も1~2週間程度仮付けで様子を見させていただき、納得いただいてから最終的に取れないようにお付けいたします。


オールオンフォー(All-on-4/6)

all-on-4/6 オールオンフォー(All-on-4/6)とは、臼歯部に傾斜角を付けてインプラントを埋入し固定式の補綴物を装着するインプラントの最新の治療技術です。これによって固定式の補綴物の支持力を容易に得ることができ、術後数時間以内には機能するようになります。

オールオンフォーは、歯が全く残っていない方(無歯顎)にお勧めの治療法で、顎骨に埋入するインプラントの本数も4~6本で済み、コスト的にも良い治療法です。
手術後数時間以内に噛める仮歯が入れられます。※状態に応じて、その日に入らないこともあります。


インプラント治療のリスクや副作用

▼インプラント治療のリスクや副作用:
■インプラントとは歯を失った場所に、チタン製金属のインプラント(人工歯根)を埋入固定、その上に被せ物(上部構造/クラウン)を固定、咬み合わせ等の口腔機能や見た目を回復する歯科口腔外科手術です。
■インプラント治療は健康保険が効きませんので自費診療となります。
■インプラントは外科手術を伴います。
■術後の腫れ・痛みを伴うことがあります。個人差がありますが、痛み止めや抗生剤をお出ししております。一時的なもので、多くの場合2~3日で治まります。
■インプラントを固定するために骨造成治療が必要となることがあります。その場合、別途骨造成の費用がかかります。
■骨造成治療後、骨ががしっかりと作られるまで3~6ヵ月間の治癒期間が必要です。骨造成が先に必要となる場合、インプラントがすぐに埋入できないことがあります。
■歯周病のある方、心疾患、骨粗鬆症等、内科的な疾患のある方は、インプラント治療が適さないケースもあります。また普段服薬しているお薬等も治療に影響する事があります。
■免疫力や抵抗力が低下している方、歯周病の発生リスクの高いとされる糖尿病の方、口腔内の衛生状態の悪い方や、あごの骨が足りない方、喫煙者の方は、インプラント治療がすぐにできない事があります。
■血管損傷・神経麻痺のリスクが伴います。これは血管や神経が「ドリル」や「インプラント自体」によって損傷することで起こるリスクです。インプラント手術の検査~計画を入念に行うことでこのトラブルを回避できます。起こった場合は、回復に数日~数週間の時間が必要です。
■上顎にインプラントを埋入する際は、上顎洞膜を破る可能性があります。その場合、他に埋めることが可能な場所を検討します。手術後に抗生剤を服用する事で感染予防をし、膜が自然に塞がるまで治癒を待ちます。
■お身体の状態や細菌感染により、術後インプラントが骨と結合しない場合があります。この場合、原因を取り除いてご希望により再治療を行います。
■口腔内の衛生状態が悪い方、歯ぎしり、くいしばりの強い方はインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)を引き起こす可能性があります。日ごろから丁寧なメインテナンスが必要となり、咬合調整やナイトガード(マウスピース)の装着も必要になる場合があります。
■骨の成長途中になるお子様(およそ18歳未満の方)、妊婦の方はインプラントが受けられません。

当院では、上記のようなリスクや副作用が起こらないよう、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を心がけております。

診療カレンダー

↑ PAGE TOP